2020-04-18

ジーンズとジャケットのコーディネートで、僕が気をつけていること。 

 
皆さんも、年末年始の集まりや、ちょっとしたパーティーでは、ジャケットを着たいなっていう時があると思います。
 
僕の場合、仕事柄、必ずジーンズを穿いていきます。
 
その時に一番最初に考えるのは、ジャケットの下は、TシャツでOKかな? それともネクタイをしていった方がいいかな?と。
 
Tシャツの方が、構えた感じがしなくていいなとか、場所の雰囲気もカジュアルな方が良いかなって思った時は、迷わずTシャツを選びます。だって、海が近い茅ヶ崎から東京に出て行く自分は、海に似合う白いTシャツが好きだから。
 
そうじゃないな、今日お会いする人との関係を考えたらTシャツはないなって思ったら、襟付きのシャツを選びます。
 
で、それから、ジャケットを選びます。
 
Tシャツには、ラペルのあるスーツの上着的なジャケットを選びません。
ラペルのある一般的なジャケットだと、どうしてもジャケットだけが浮いて見えてしまうから。生地の組織の違い(編物と織物の違い)もあり、なんだかミスマッチになってしまうし、肩の部分がどうしても合わない。
だけど、最大の理由は、映画オーシャンズに出てくるブラットピットみたいにかっこよく着こなせないんからです(笑)
 
ジーンズとTシャツとジャケットのコーディネート

ジーンズとTシャツとジャケットのコーディネート


 
襟付きのシャツの時は、割とジャケットの選び方に自由度があります。
特にネクタイをする時には、大体のジャケットがコーディネート可能な気がしています。
 
ジーンズとシャツとネクタイのコーディネート

ジーンズとシャツとネクタイのコーディネート


 
さらに、Tシャツの時も襟付きのシャツの時も気をつけていることがあります。
それは色数。
ジーンズはネイビーだったらシャツは白っぽいもので2色。
ネクタイをする時も、色数を増やさないように、ネイビーが入っているものを選ぶと、まとまりやすくなります。
そうすると、ブラットピットやジョージクルーニみたいにかっこよくなくても大丈夫かなと。
 
なので、まとめると、
ジーンズとジャケットをコーディネートする時は、
1、最初に、ジャケットの下に何を着るのか決める。
2、Tシャツにはラペルのあるジャケットを合わせない。
3、その場の雰囲気やメンバーが見えない時は、襟付きのシャツ+ネクタイで。
です。
 
ジーンズは、もちろんお洗濯して、キレイなのを穿いていってくださいね!
ちょっと改まった席には、新しいジーンズがオススメです。新しいジーンズのオーダーをお待ちしています。
 
 

 

お店の場所は、グーグルマップをご覧ください。
他のお客様と重ならないように、ご予約を頂いております。
お気軽に、電話 080-4337-1173 もしくは、メール touchislove@gmail.com 工藤まで「ホームページを見た」と連絡ください。

 

タッチイズラブジーンズ

Google Map

  
〒253-0054 茅ヶ崎市東海岸南1-6-25ラコスタデルソル106
ブルーデザイン株式会社 / touch is love JEANS
工藤琢
電話 080-4337-1173
touchislove@gmail.com