ジーンズのブログ

大事なことは、赤耳があるかどうかじゃない

大切にしたいことは、デニムの持つ優しさを大事にしたジーンズで、気持ちよい毎日を送れることだと思っています。
 
なので、そんな優しいジーンズを作る経過は、
 
デニムの優しさを感じれるジーンズが良いと思う

優しさ(=柔らかさ)を感じられるには、繊維長の長い綿から作られた、良い糸が大事。

優しさ(=柔らかさ)を感じられるには、シャットル織機を使って、デニム生地を織り上げる。

結果として、古いシャットル織機では、生地の幅が狭いデニムが出来上がる。

裁断から縫製を経てジーンズが作られる。
 
こんなストーリーです。
 
 
タッチイズラブ®ジーンズストアでは、優しいジーンズが良いので、シャットル織機で作られた、いわゆる赤耳デニムを使って、ジーンズを作っています。
 
スタンダードフィット(標準的なストレートの形)の、ジーンズの左右脇は、ストレートなので、生地の端を残しています。 
デニム,ジーンズ,赤耳,スタンダードフィット

スタンダードフィット


 
けれど、パーソナルフィット(お客様のご要望に合わせて作る細身のジーンズ)の時は、赤耳部分を、斜めに断ち落として、形を作ります。
デニム,ジーンズ,フィット,細い,パーソナルフィット

パーソナルフィット


 
理由は、単純なんです。
細くすっきり見えさせたいのに、内股側だけで細さを作り出すと、がに股に見えてしまうから。
ジーンズ,細さ,太さ,フィット,比較

写真の左がパーソナルフィット。お尻から下のカーブ(=内股のカーブ)は、右側のスタンダードフィットと同じです。


 
どちらも同じ、優しさを感じられるデニム生地を使って作られた、タッチイズラブ®ジーンズです。
 
 
 世間一般で言われている、赤耳デニムの心地よさは、他人から見えなくても、自分だけが感じられてたら、良いと思うのです。
 
そもそも、どんな生地でも、織物であれば、耳は存在します。食パンの耳と同じく、端っこです。
赤耳とは、生地端に、赤い糸を通したデニムのことです。
 
大切なことは、赤耳デニムが大事じゃない。そう思っています。
 
2017年6月3日
touch is love ® JEANS store
工藤琢
 

お知らせ

touch is love JEANS storeでは、お客様のジーンズの様子や、コメントを、お待ちしております。お気軽に投稿ください。
 
 
 
 

 

ブログ(新しい順)

 
ブログリスト

ジーンズの秘密 ステッチ編
気に入った形のジーンズ、穿いてますか?
ジーンズ洗ってますか?
デニム、ジーンズと合わせて使いたいサングラス
デニムの風合いを感じられるフィットコンセプト
ジャケットとシャツをジーンズに合わせることはありますか?
テーパードストレートジーンズのコーディネート|ジャケット編
基本のストレートジーンズのコーディネート
四月始まり
ジーンズに合うオススメスニーカー
太っちゃってジーンズのサイズが合わなくなったら
バレンタインギフト
はき心地の良いジーンズは、サイズ選びが大事です。
ジーンズは一年でどのくらい色が変わるのか
新しい年のスタートは、新しいジーンズ
プレゼントにジーンズを
ジーンズ リメイク デニム ショートパンツ
ジーンズ ブランド ボタンフライ
ジーンズの洗濯回数
ジーンズと白いTシャツ
デニム エプロン
ジーンズ サイズ オーダー
オーダー ジーンズ 神奈川
修理 お直し リペア
プレゼント ジーンズ デニム
新作 デニム ジーンズ プレゼント
出会い デニム ジーンズ
修理 リペア デニム ジーンズ
間違え レアもの ジーンズ
平塚 ラスカ うみちか ラスカ市
サイズの心配がいらない、ジーンズの誕生日プレゼント
自分だけの特別なジーンズ
ジーンズのメンテナンス リペア 修理
大事なのは、赤耳じゃない
パーソナルフィット
茅ヶ崎ジーンズ
デニムホットパンツ
デニムエプロン
カーステ
ポケットのサイン
しあわせのマーク
出来上がったジーンズの受け取りに
ジーンズの修理とカスタマイズ
ご縁
ポケットの修理
ジーンズの洗い方干し方
ポケットの中から砂が出てくる幸せ
テラスでコーヒーでも
濃い色のジーンズに合うコーディネート
思い入れのあるジーンズの修理

 過去のブログはこちらからLinkIcon